2010年9月18日土曜日

9月17日

カフ圧
この病院に異動してきて気になっていたことのひとつがカフ圧だ。少し高すぎるのではないかという印象を持っていたが、先日その印象が事実であることが分かった。その昔僕がレジデントをしていたころには、カフは「耳たぶの硬さぐらい」に膨らませるのがちょうどいいなどと習ったが、いまどき耳たぶも流行らないだろう。当面、カフ圧計を持ってすべての部屋をチェックして回ろうと思う。
Papazian L, Forel JM, Gacouin A, Penot-Ragon C, Perrin G, Loundou A, Jaber S, Arnal JM, Perez D, Seghboyan JM, Constantin JM, Courant P, Lefrant JY, Guérin C, Prat G, Morange S, Roch A. Neuromuscular Blockers in Early Acute Respiratory Distress Syndrome. N Engl J Med. 2010 Sep 16;363(12):1107-1116. PubMed PMID: 20843245.
ARDS初期に筋弛緩剤を用いると予後が改善するという報告。筋弛緩剤は人工呼吸ではこの先も悪役でありつつけると思っていたが、意外にそうでもないようだ。ものすごく呼吸努力が大きくて人工呼吸器と同調しないような人をみると実にしんどそうではあるけれど。

0 件のコメント:

コメントを投稿