2010年10月2日土曜日

10月1日

スガマデクス投与後の緊急手術
今日は緊急手術でいそがしかった。そのうち一例は術後の再手術で、スガマデクス1Aでリバースしたあとだった。リバースしてから4-5時間が経過していたから、筋弛緩剤の効果は通常通りかもしれないなと思いつつ結局はスキサメトニウムで挿管した。その後TOFをみながらロクロニウムを投与したのだが、ロクロニウム1mg/Kgの投与であっさりTOF=0になってしまった。ロクロの効果がちょっとは低下しているのではないかと思っていたのだが・・・。
Anesthesiology:October 2010 - Volume 113 - Issue 4 - pp 859-872
Perioperative Outcomes among Patients with the Modified Metabolic Syndrome Who Are Undergoing Noncardiac Surgery
ずいぶん以前に某商業誌に麻酔とメタボリック症候群という題名でreviewを書いたのだが、そのときはメタボリック症候群と麻酔リスクを直接的に調べた論文がみあたらず、仕上げにずいぶん苦労した記憶がある。日本におけるメタボリック症候群の診断基準はちょっと変という話もあるし、modified metabolic syndromeがどういう基準なのか分からないけど、一度読んでおこうと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿