2011年4月23日土曜日

4月22日

甲状腺機能と麻酔
今日の勉強会は甲状腺機能亢進症と麻酔についての発表をF先生にしてもらった。甲状腺機能はT3、T4とTSHがセットになって評価されるが、いわゆる甲状腺機能亢進症で薬物療法でコントロール良好ということで麻酔科外来に回ってくる症例のほとんどはTSHが低い。しかしながら厳密にはTSHも正常化させるべきという考え方もあるらしい。T3T4正常TSH低値な症例の予後がどうなっているのか知りたいところだ。
日本麻酔科学会学術集会のプログラムが届いた。僕自身も二回ほど話をする機会があるのだが、プログラムによれば、さらに魅力的な催しが同じ時間に組まれていて不安になる。少しでも面白いプログラムになるようがんばりたい。麻酔科学会に合わせてエコーガイド下ブロックの先生がドイツからやってくるのだが、その人が我々の病院に寄ってワークショップをしてくれることになった。興味を持っている人が多いと思うので実りの多い会にできればと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿