2011年5月28日土曜日

5月27日

他施設の麻酔
今日はレミフェンタニルの勉強会をしてもらった。S大学手術室で実際に行われているレミフェンタニル麻酔のビデオ閲覧で、内容は難しいものではなかった。加圧抜管をしていたのが印象的だったり、意外と麻酔器が古かったり、挿管する姿が猫背で親近感を感じたりと結構楽しんだ。
その後でY先生が初めての勉強会。小児カフ付きチューブの有用性についての発表だった。麻酔科学会でもコメントされていたが、海外の小児カフ付きチューブの研究はほとんどすべて某社の大容量カフで行われていて、このタイプは日本には輸入されていない。いずれこれが輸入されれば、小児についても全面的にカフ付きに変えてよいかと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿