2011年9月3日土曜日

9月2日

ICUにおけるせん妄への介入
先週に引き続き、ICU研修医の卒業公演。今回はM先生がICUせん妄に対するクエチアピン(セロクエル)の効果について発表してくれた。
Devlin JW, Roberts RJ, Fong JJ, Skrobik Y, Riker RR, Hill NS, Robbins T,Garpestad E. Efficacy and safety of quetiapine in critically ill patients with delirium: a prospective, multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled pilot study. Crit Care Med. 2010 PMID: 19915454.
セロクエルを投与するとハロペリドールの使用が抑えられるとのこと。せん妄の診断はICDSCを使っている。CAM-ICUよりは短時間で診断できて簡便だが、日本では少数派なのだろうか?
ICUにおける鎮静の研究会が京都で開かれるので、ぜひこのあたりを聞いてみたいと思う。

笑気麻酔は人気がないが、遷延性術後痛の予防効果があるのでは?という論文がでている。少しは人気が回復するだろうか?


0 件のコメント:

コメントを投稿