2013年1月26日土曜日

1月25日:ICUサバイバーの長期予後

今日のミーティングはICU研修医M先生の卒業講演、ICU退室患者の長期予後についての調査の発表をしてもらった。
Long-term survival after ICU treatment. Minerva Anestesiol. 2012 PMID: 23032929.
ICU退室患者約3000人を対象としたオランダの研究。ICU退室患者が1年以内に死亡したケースは全体の15%ほど。3年で4分の1が死亡して、リスクは加齢やAPACH2の増大とともに上昇する。
という内容だったが、あいにく前夜からの心臓手術に立ち会っていて欠席。発表ありがとうございました。
もうすぐ使わなくなる敗血症治療法を考えよ、と言われている。臨床家は手持ちの診断ツールや治療オプションをいかに工夫して使うかが腕の見せ所で、現在の治療に不足しているものを探すというのは少しとまどってしまう。とりあえずCRP検査や長期の経静脈栄養は数年で消えると思っているが、どうだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿