2013年6月23日日曜日

6月21日:読みたくなる論文の見つけ方

今日はレジデントF先生の勉強会。ラリンジアルマスク使用下の腹腔鏡手術で筋弛緩の必要性を調査した論文。
Is muscle relaxant necessary in patients undergoing laparoscopic gynecological surgery with a ProSeal LMA™? J Clin Anesth. 2013 PMID: 23122973.
論文は筋弛緩は不要と結論づけている。婦人科腹腔鏡手術を対象としているが、手術時間が短く、当院であてはめるのは難しいというのがF先生の感想。まぁそうですね。

新しい先生が勉強会に参加したので、読みたくなる論文の見つけ方について。
ひとつめ、
麻酔・集中治療に関する雑誌のほとんどは、論文を発刊したときにタイトルを読者に教えてくれるサービスをしている。AnesthesiologyならばホームページにアクセスしてeTOCと書いてあるところをクリックするとメールアドレスを入力するウィンドウが出るのでそこに自分のアドレスを入れる。これだけで定期的に論文の案内が送られてくることになる。僕はAnesthesiologyとA&AとCritical care medとRegional anesthesia and pain med他数誌についてこのサービスを受けている。無料。

ふたつめ、
Pubmedのサービスを利用する。自分が読んでみたいと思う分野に関するキーワードを入力し、保存すると、そのキーワードにヒットした論文をpubmedが教えてくれる。pubmedのホームページでsign inと書いてあるところをクリック、最初は登録が必要なのでregisterを押して必要事項を入力する。ログインした状態でpumedにキーワードを入れて検索すると、もちろん結果が羅列されるがその上にsave searchというボタンが現れる。ここをクリックするといろいろ聞かれて、その結果定期的に検索結果がメールされてくる仕組み。無料。

0 件のコメント:

コメントを投稿